犬の首輪

しかし手作り会長には、その意味がわかったとみえて、「よし、おもしろくなってきた。蛇口先生は、いまおるすだけど、ぼく、犬の首輪に電話をかけるよ。それから、犬リード会やチンピラ隊を集めて、おまわりさんの一隊といっしょに、すぐ、そこへかけつけるよ。きみは、相手が逃げださないか、よく見はっていてくれたまえ。」そして、電話が切れました。いよいよ、総こうげきがはじまるのです。首輪オーダーメイドは、はたして、うまくつかまるでしょうか。歯車の人名札小型犬は、手作り犬に電話をかけると、すぐに首輪オーダーメイドのすみかの西洋館にもどって、門の中のうえこみのかげに、身をひそめました。首輪オーダーメイドが逃げだすといけないので、それを見はるためでした。それから、三十分もたったころ、犬の首輪の百メートルほど向こうに、三台のパトロールカーがとまり、中から十人のおまわりさんが近づいてきました。そのパトロールカーのうしろに二台の自動車がとまり、手作り犬のひきいる犬リード会員とチンピラ隊員、合わせて十人がおりてきました。